×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ワイヤーブラシについて

概要

ブラシの先が隙間のないしっかりしたワイヤー面となる様に、良いものは3列の弾力のある鋼のワイヤの房を一緒に密接にセットしてある。このように作られた、全ての房はその隣の房を支えあって曲がり込まない。端部で上にカーブ(オフセット)するハンドルは、まっすぐなタイプより指をすりむかないので良い。若干のモデルは終わりにスクレーパーを備えている。しかし、これは使用時に手の邪魔になりほとんど利用価値は無い。

電動工具用のワイヤーブラシもある、電気ドリルやグラインダーに取り付けて使用する。 ステンレスブラシは研削力が高く、鉄のサビ落としに使用すると錆だけでなく鉄も削ってしまうので、ある程度汚れが落ちたら仕上げには真鍮ブラシを使用するのが良い。

また、この職業は、少年が務めることが多い[要出典]。日本では第二次世界大戦の敗戦以降、社会の貧困と戦災孤児が浮浪児化したことから都市部を中心に所謂「シューシャンボーイ」と呼ばれる靴磨きを生業とする少年らがあふれ[1]、『東京シューシャインボーイ』(1951年発表・歌:暁テル子・作詞:井田誠一・作曲:佐野鋤)などの歌にもなった。同様に経済状態の良好でない国では、靴磨きの少年の収入が家計を支えたり、ストリートチルドレンの唯一の収入源となることもある。アメリカのソウルシンガージェームス・ブラウンや公民権運動活動家のマルコムX、ブラジル大統領のルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ、俳優の黒部進など、著名人の中にも靴磨き経験者がいる。

iPhoneを綺麗に保つ

ブラシといってもブラッシング。iPhoneを買ったままの綺麗な状態に保つことは、ユーザーみなの望みではないだろうか。だからと言ってブラッシングをすれば良いということではない。iPhoneには付属していないが、表面に貼る保護シールなどを買うと、必ず付いてくるキルティングシート。これが大変に重宝するので、職場などに置いておき気がついたらきちんと拭いてみよう。それがiPhoneを綺麗に保つ秘訣とも言える。